エントランスドア玄関扉修理


マンションのエントランスのドア修理を頼まれた工務店さんから連絡がきました。

ドアヒンジの軸受けが壊れ、閉まらなくなったそうです。

また、その軸受けの生産が終了しているので、最悪、ドアの交換だといいます。

国からの莫大な予算を取り付けているのであっさりと扉の取替え工事が決定し…という現場でもないので、最小限工事ですむように動きます。


壊れた軸受け部品。
脆い合金製で、肉厚の薄くなった所で折れています。


代わりに作った部品。
現物に合わせて取り付け方を変えるので、元の部品とは違う形で作ります。

鉄で丈夫に作れたのですが、オリジナル品のようにアジャスタブルな構造ではなく、この建物のこの扉にしか合わない作りです。

様子を見ながらの取り付けなので多少時間がかかりましたが、うまく収まりました。


『これと一緒の部品作ってくれよ』とだけご連絡いただくのもいいのですが、お話しを伺うことができれば補強したり、逆に簡素化したりして、より満足してもらえる結果をお届けできることがあります。

なんとかならんかなあ、と思ったら一度お話しを聞かせてください。

お気軽にお問い合わせください。
〉〉お問い合わせはこちらから

状況、ご要望に合わせるのが修理の肝!
ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
金属オーダーメイドのホームページ
http://www.hammersmith.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top