バイクガソリンタンクペイントコウベ


ハーレーダビッドソンのタンクの塗り替えのご依頼をいただきましたので、その流れをご覧ください。


クリア塗装の表面に欠けなどもなく、中古品とは思えないくらいのグッドコンディションです。


塗膜の状態が良いので、そのまま下地として利用できます。
クリア層の厚み内でデカールの凹凸を平滑にし、細かい傷も研ぎ落とします。


隅々までペーパーで調整したら下地塗装のサフェーサーを塗り、加熱して硬化させます。
そのサフェーサーをまた研ぎます。

そうして下地を作り、ようやく塗装です。


選ばれた色はグレイッシュブルー。

今回はステッカーを貼った上にクリア塗装をするので、ベースカラーを塗り終わった後、硬化させてまたペーパーで研ぎます。


左右の位置を確認して、慎重に貼りつけ。

これで残すはクリアのトップコートの塗装だけになりました。


塗装作業完了。

”プシュー” だけじゃなく、シコシコ研いだりしているのがお分かりいただけましたでしょうか?


部品の取り外しはオーナーさんにお願いするので、バイク搭載の姿はまたのお楽しみです。

イメージ通りに仕上がっていたら嬉しいです。

お気軽にお問い合わせください。
〉〉お問い合わせはこちらから

春です。塗装で衣替えはいかがですか?
ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
金属オーダーメイドのホームページ
http://www.hammersmith.jp

Scroll to top