家具の修理~椅子溶接編~

溶接修理をご依頼いただきました。


ご家庭でお使いのスツール椅子です。


脚の溶接が外れてしまってます。


溶接の前に、脚が元の位置にくるよう全体を矯正します。これが重要。

強引に固定すると反発が残って早くに破綻するのは、金物も人の世も似ている気がします。


溶接跡を磨きでメッキ光沢に近づけ、透明のサビ止めと透明のトップコートを塗って終了です。

防錆力は高くありませんが、使用環境を考えた上の、見た目重視のサビ止め処置です。

………………………………………………

この椅子は、お家を建てた時からお使いのものだそうです。

買い替えも嬉しいイベントですが、痛んだ愛着あるものが再び使えるようになるのも、また違った嬉しさがあると思います。

これでまたご家族との時間を積み重ねていくことができます。

♪ 柱の傷はおととしの~

我が家の歴史は我が家の物も一緒に…。

(社是)
修理とは思い出を継ぐ事とこころうべし

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
金属オーダーメイドのホームページ:
http://www.hammersmith.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top