プロジェクト P -P計画ー PROJECT P

(*良く分からないことを書いていますが、先日のトヨタ プロボックスカスタムの記事の詳細です。
『なんかをパロってるのね』とご理解くださいませ。)


(あらすじ)
21世紀初頭、お隣の半ランク上が美徳とされた日本。

巨大企業が押し付ける、70点狙いのオモチャを鼻であしらい、
『自分好みは自分にしかわからないんだぜ!』ってことを世に示すべく、
日頃いがみ合っていたプロデュースサイドと現場サイドが手を組み、
最終作戦、P計画(PROJECT P)が発動された!

<配給:ゴールデンハマースミス社>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色は塗り替えることになっていたので、外せる部品は極力外すことから作業が始まります。
テープでマスキングしても塗れますが、仕上がりがイマイチになります。


運転席の頭上辺りにあるアンテナも、当然外して、、、

と、考えてみる。

『 コレいる? カッコいい? 』

『 イラネ。 カッコ悪い。 』

で、


埋めちゃいます。

ラジオは、別の目立たない場所から電波を拾えるようにしてあります。

リア側には、いろいろとイケてないステッカーが貼ってあり、これは即決でゴミ箱へ。
ただ、センターのメッキのエンブレムは、貼ってある場所が盛り上がっていて、外しただけでは膨らみだけが残ってしまうので、外さない方が無難と判断。


これ。

、、、と、考える。

『コレいる? カッコいい?』

『イラネ。 カッコ悪い。』

『膨らんでるよ?』

『じゃあ平らにしろよ。 いちいち聞くなカス。』


で、板金で平らに。


アクセントには、日本の誇りだった頃のトヨタマーク。


フロントバンパーには、メッシュの金網を入れます。


バンパーを切り抜いたんで、この裏から金網を貼ればOK!

、、、で、考える。

『自然?』

『ううん。 不自然。』

二次元的な切りっぱなし形状は、全体から見て違和感を感じるので、周りと調和させるために立体感を持たせます。


面と面の整合性を保つために、形として成立している別の構成部品と合流させて、


ラインを移して切り出し、


使うのはこれだけ。6mm。

で、その6mmの奥行き・立体感というのが、


こんな効果です。
周りとの違和感無く、自然に仕上がったと思います。
実車だとまず見た瞬間の印象が違うと思います。

『そんなん、どっちでもいーじゃーん』 なのかもしれません。

でも、ちょっとでも楽しそうに思ってもらえれば、
『PROJECT P』 はミッションコンプリートなのです。

ー終劇

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
家具・什器・鉄工のホームページ:
http://www.hammersmith.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top