KOBE BEEF =ワントバーガー WANTO BURGER= 神戸牛


神戸でリッチな気分になれる新店舗のご紹介です。

神戸ビーフのハンバーガーが食べられるお店

ワントバーガー
WANTO BURGER

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通3丁目10番6号 福康ビル1階
078-392-5177
(東急ハンズ前の筋とトアロードの交差点を西に約50m。)

ハンバーガーと聞いて、ワンコインのアレを思い出すかもしれませんが、まったく別次元の代物です。

大人の本気ほど面白いものはないことを改めて思い知る、まさにエンターテイメント。

例えるとすると、ウィーンフィル・オーケストラ演奏の『猫ふんじゃった』とか、軽トラにフェラーリのエンジンを積むとか、そういう類のお店!

出てくるハンバーガーは、、、

パティは選りすぐった肉を新鮮なうちにさばく塊からのミンチ。
バンズは種の熟成から焼き上げまでもお店の中で。
他の具財・ソース、例えばピクルス、マヨネーズ、デミグラス、マスタード、ベーコンなども、すべて自家製。
どれもがバーガーに合わさったときにベストになるよう、研究されつくした仕込み。

要するに、フルスクラッチと呼べるハンバーガーではありますが、『フルスクラッチ、すごいでしょ?』的なものでなく、目指すクオリティを実現しようとすると、それ以外に選択肢がなかった為の必然。

全ては、ハッピーな時間を作る『うまい』のために!!


神戸肉の証。
巷のステーキ屋ではありがたがるこんな証書も、ここではただの紙。
うまいもんはうまい。 だから使ってる。 ただそれだけ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

妥協を許さず徹底的に作りこんだものだけを提供するその姿勢は、職種はぜんぜん違えど大変共感でき、また刺激になり勉強になります。

もっともっと頑張らなくちゃと奮い立ちます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その、魂のこもったバーガー達がこちらです。

*画像で腹ペコ中枢を刺激してください。


ダーーーン!


デーーーーーーーン!


ジャーーーーーーーーーーン!


バーーーーーーーーーーーーーーン!


ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!

とどめの神戸ビーフステーキバーガー!


ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

かぶりついた後の余韻を堪能しながら、おいしいお酒で贅沢な時間をゆったりとお過ごしください。


そのお尻は、ハマースミス謹製のテーパー一本足カウンタースツールが支えさせていただきます。

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
家具・什器・鉄工のホームページ:
http://www.hammersmith.jp

 

日用品の溶接修理 ~アウトドアホビー・キャンプ編~

ウトドアの夜をですねぇ、いてきに過ごすためのグッズ、こちらに用意しました。(ジャバネット風)


地面に突き刺してランプを吊り下げるランプスタンドです。


地中の硬いものにぶつかったのか、先端とパイプの付け根が裂けてしまいました。


分解して原因の推測と修理方法の選択、


ダメージ部を取り除いて溶接。
このあとサビ止めを塗って完成です。

金属製品が壊れたとき,望みがないとあきらめる方は多いと思いますが、金属は他(木、プラスチック、ガラス、紙など)に比べて修理の効く素材です。

『大事に使って、手当てをして、また長く使う』ということのできる素材です。

そうやって大切に付き合いを重ねる道具や日用品は、買ったときにはなかった表情を持つことと思います。

がっかりした後に、ダメ元ででもご連絡ください。
オーダーメイドでの製作だけじゃなく、修理再生にも力をいれてます。

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
家具・什器・鉄工のホームページ:
http://www.hammersmith.jp

プロジェクト P -P計画ー PROJECT P

(*良く分からないことを書いていますが、先日のトヨタ プロボックスカスタムの記事の詳細です。
『なんかをパロってるのね』とご理解くださいませ。)


(あらすじ)
21世紀初頭、お隣の半ランク上が美徳とされた日本。

巨大企業が押し付ける、70点狙いのオモチャを鼻であしらい、
『自分好みは自分にしかわからないんだぜ!』ってことを世に示すべく、
日頃いがみ合っていたプロデュースサイドと現場サイドが手を組み、
最終作戦、P計画(PROJECT P)が発動された!

<配給:ゴールデンハマースミス社>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色は塗り替えることになっていたので、外せる部品は極力外すことから作業が始まります。
テープでマスキングしても塗れますが、仕上がりがイマイチになります。


運転席の頭上辺りにあるアンテナも、当然外して、、、

と、考えてみる。

『 コレいる? カッコいい? 』

『 イラネ。 カッコ悪い。 』

で、


埋めちゃいます。

ラジオは、別の目立たない場所から電波を拾えるようにしてあります。

リア側には、いろいろとイケてないステッカーが貼ってあり、これは即決でゴミ箱へ。
ただ、センターのメッキのエンブレムは、貼ってある場所が盛り上がっていて、外しただけでは膨らみだけが残ってしまうので、外さない方が無難と判断。


これ。

、、、と、考える。

『コレいる? カッコいい?』

『イラネ。 カッコ悪い。』

『膨らんでるよ?』

『じゃあ平らにしろよ。 いちいち聞くなカス。』


で、板金で平らに。


アクセントには、日本の誇りだった頃のトヨタマーク。


フロントバンパーには、メッシュの金網を入れます。


バンパーを切り抜いたんで、この裏から金網を貼ればOK!

、、、で、考える。

『自然?』

『ううん。 不自然。』

二次元的な切りっぱなし形状は、全体から見て違和感を感じるので、周りと調和させるために立体感を持たせます。


面と面の整合性を保つために、形として成立している別の構成部品と合流させて、


ラインを移して切り出し、


使うのはこれだけ。6mm。

で、その6mmの奥行き・立体感というのが、


こんな効果です。
周りとの違和感無く、自然に仕上がったと思います。
実車だとまず見た瞬間の印象が違うと思います。

『そんなん、どっちでもいーじゃーん』 なのかもしれません。

でも、ちょっとでも楽しそうに思ってもらえれば、
『PROJECT P』 はミッションコンプリートなのです。

ー終劇

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
家具・什器・鉄工のホームページ:
http://www.hammersmith.jp

愛した車、愛せる車、愛する車、略して愛車。カスタムカー~神戸より愛を込めて~

愛せる愛車にするべく、オーナー様のお眼鏡に止まったのは、トヨタ プロボックス。
脚光を浴びるタイプの車ではありませんが、オーナーのセンスが白羽の矢を突き刺しました。

見た目の外装、気持ちのいい走りのためのサスペンション関係、快適なドライブシーンを演出するオーディオ。

必要な物を、好みに必要なだけ選んでいるので、『やりました!』感のない自然な仕上がりになったと思います。


町にいると、毎日これの白いやつを10台は見かけると思います。

これが、、、


北米にいそうな、


雰囲気のある、


質感と軽快さの同居した、


遊びゴコロのある車になりました。

イメージを練り上げた理想の車をドライブしてもらうまで、ずいぶんと長い間お待たせしてしまいました。
それ以上に長い、素敵な時間を、オーナー様とともに過ごしてもらえれば、車にとっても、作り手にとっても最高の幸せです。

大切なお車をお預けいただき、ありがとうございました。

全力でやらせてもらえた興奮と喜びがいまだ冷めない春の日です。

〉〉お問い合わせフォーム

ハマースミス
(事務所)
兵庫県神戸市中央区熊内橋通3-1-20-101
TEL:078-261-8060
Facebookページ
ハマースミスFacebook
家具・什器・鉄工のホームページ:
http://www.hammersmith.jp